腕時計を右手にするようになりました

普通、腕時計といえば左手首にする人がほとんどだと思いますが、私は右手首にします。そうなった経緯は、もともとは左手首にしていたのですが、カルティエのパシャを買ったら、リューズが大きくて、左手首にしていると、リューズが手の甲に当たって痛いのです。それで、右手首にするとリューズが手の甲に当たらずにスムーズに使うことができる、ということがきっかけでした。

私はカルティエのパシャが大好きで、見ているだけでもとてもハッピーな気持ちになるのですが、機械式なので、身につけていないとすぐに止まってしまいます。

でも、出かけるときしか腕時計をしないので、いつも出かける前にネジを巻いて、時間を合わせて、ブンブンと腕時計を振ってネジを巻くのです。

それが面倒になって、最近はずっとしまったままです。せっかく持っているのだから使った方がいいとは思うのですが、今使っている腕時計はソーラー電波腕時計なので、電池の交換も必要ありませんし、時間を合わせる必要もないので、とても便利で、どうしてもそれを身につけて出かけるようになってしまうのです。ソーラーなので、暗いところに置いていると止まってしまいますが、日が当たるところに置いていればいいです。