腕時計とともに歩み、腕時計とともに刻む

皆さんは腕時計をはめていますか。

おそらくこの質問にイエスと答えられる方は、サラリーマンの方や仕事中携帯電話が使えない方が多いと思います。以前と比べ、腕時計の需要はかなり減って来たと思います。スマートフォンの影響で気軽に確認できたり、今では昔とは違いあちらこちらに時計があります。

でも私はそんな現代において、ずっと学生時代から腕時計のコレクションをして来ました。もはや、なくてはならない存在であり、今は私の人生そのものであるといっても過言ではありません。

同じ時を刻み、同じ人生を過ごす恋人のように。

時計の魅力は何かと言われますと、まずはその精巧なデザインの中に職人さんの魂を感じることができるからです。基本的にハンドメイドの時計をしているのですが、

大量生産されたものとは違い、1つ1つ丁寧に作られたもはや芸術作品のようなものなのです。

友人や知人と会うときも、腕時計が見える服装を心がけながら、よくその時計良いね。どこでかってきたの?俺も欲しいといわれる瞬間がとてもたまらないのです。

まだまだこれからも時計作りの職人さんには頑張っていただきたいですし、もっと時計好きな人が溢れる社会になってもらいたいなと思います。