社会人として信用を得るために腕時計をするという考え方

腕時計をしない人が増えてきました。

携帯電話やスマートホンが広く普及してきたことが大きな要因でしょう。

確かに、時間を確認するだけであれば、スマートホンをポケットから取り出して見ればよいでしょう。

ただその一方で、腕時計をしていない人は社会人として1人前ではないと考えている人がいるのも見逃せない現実です。

特に年配の人にはこの考え方が根強く残っています。

腕時計をしていないだけでは、流石に咎められるようなことはないかもしれません。

しかし、このような考え方の人と打ち合わせをしているような時に、ポケットからスマートホンを出して時間を確認していると、眉を潜められてしまうかもしれません。

腕時計をしていないと一人前ではないなんて、今時古い考えであるの言うまでもありません。

しかし、現実にはまだこのような考えを持っている人が存在しているということは、忘れてはならない事実でしょう。

しかも、厄介なことにこのような考え方の人の中には、それなりに権力を持っている人が少なくなりません。

もし自分の周りに腕時計を大切に考えている人がいるのであれば、高い腕時計では無くても良いので、一応身につけておくというのが無難かもしれません。