今では安価になった腕時計

腕時計は随分と安価になった印象です。いや、以前から安い腕時計は安い価格だったのですが、しかしいかにもなチープさは表れてしまっていたものです。腕時計から醸し出される雰囲気とでもいいましょうか。

けれども今の腕時計ときましたら、1万円以下の比較的安価な腕時計にしましても高級感をもっていますからね。革ベルトにしましてもシンプルな黒の革ベルトに文字盤だけというシンプルな組み合わせの腕時計には、今では高級な雰囲気だってありますから。

腕時計にデカデカとブランド名なんて必要ないのです。ノーブランドの腕時計だって今では素材次第で十分に高級感を出すことができますから。「大事なのは要は腕時計の雰囲気なのだなー」ということを色々と腕時計を見た上で実感しますね。

「安かろう悪かろう」という言葉がありますけれど、腕時計に関しては一概には言えないのではないだろうかと思っています。比較的安価な部類のノーブランドの腕時計でも、素材が良くて落ち着いたデザインのものがありますからね。年齢が上がってそして思うことはと言えば、「腕時計は高級なブランド名よりも、素材とデザインが大事だなー」ということですね。腕時計はブランドではないのかもと思いますね。